在庫を持たないから高く買ってくれるガリバー

自動車の買取というのは、一昔前までディーラーでの下取りや中古車販売店での買取が一般的でほとんどの中古車がそういったところから流れてきたものとなっていました。

 

しかし、近年、買取専門業者といわれる企業が増えてきており、現在では中古車のほとんどがそのような買取専門業者から流れてきた車となっています。

 

そんな買取専門業者名の中で一番知名度がある企業がガリバーです。

 

この会社の人気の秘密はどこよりも高い金額で買い取ってくれるという事です。

 

同じ車を安い金額で買うところより高い金額で買ってくれるほうのが売る側としては、うれしいに決まっていますが、高く買い取るという事は利益が低くなるという事です。

 

しかし、ガリバーは独自の運営によって、単なる薄利多売的な営業形態とは違う方法で利益を上げているようです。

 

通常、買取専門業者や中古車販売店というのは買い取った車を自社で販売するか、整備された中古車オークションに流すことで利益を上げるわけですが、この辺は、一般的に買取業者と同じです。

 

ではどこが違うのかというと買い取った車をすぐに他の中古車販売店や中古車オークションという販売ルートに乗せてしまうという事です。

 

商品的にいうと在庫を抱えないという事なのですが、その商品が車となれば、1台でもかなりスペースをとるのに全国で買い集めた車を保管するとなるとかなりの土地が必要となるのです。

 

街道沿いの中古車販売店などで、広い駐車場に中古車をずらりと並べて販売しているところをよく見かけますが、こういった形で車を保管するとなると土地代はかかるし、固定資産税もかかる、土地を借りているのであれば賃貸料がかかるといった形で会社側に大きな負担がかかってしまうのです。

 

ガリバーは買い取った車を迅速に販売ルートに乗せることによって、自社内で車をとどめないようにして、無駄な土地代や税金などを節約しているのです。

 

このやり方によって高く買い取ってもそれなりの利益を出すことができるのです。

査定担当員を甘く見るな!

新車ディーラーでの下取りより平均的に高価買取をしてくれる車買取専門業者ですが、どんな車でも高価買取してくれるわけではありません。

 

単純な要素によって金額を決める下取りと違って、現状の車の状態を重視することによって、本来の価値を見出してくれ、それによって査定額を算出してくれることから比較的高額な買取金額となるだけなのです。

 

従って、同じ車でも買取専門業者によって査定額に差が生まれるのも当然で、会社ごとにある判断基準によって大きく変わってくるのです。

 

査定額に大きく関わっているといえば実際に査定作業に携わる査定担当員の価値観は大事です。

 

会社ごとに査定基準というものはありますが、その金額にプラスしたり、マイナスしたりするのはその査定担当員なのです。

 

よく査定するときは査定を台頭する人間と仲良くなれなんて言いますけど、査定担当員はそんなに甘くありません。

 

にこにこ何でもない話をしながらでも、ボディに入った傷や、ヒットした下周りなどしっかり見ています。

 

見られたくない所に立ってぼろを隠そうとしても、いろいろな手口を使って移動させて、しっかりとそのぼろを見つけていくのです。

 

彼らはそれなりの心理的なものも学んでいるので、オーナーの話し方や行動などからいろいろな要因を探そうとするのです。

 

一番いいのは、必要以上に話さない、無駄な行動はしないという事で、変な小細工をしようとしても査定担当員様は見事にそれを打ち破っていくのです。

 

車売るなら

更新履歴